私の編んだ竹籠たちです。
水俣では、籠
(かご)・笊(ざる)のことを、
「てご」あるいは「しょうけ(しょけ)と、呼んでいます。

「ヒゴを磨く」とは、竹の表皮を包丁の刃で擦って薄皮を削り取り、艶を出すこと。竹が枯れてきたとき、いわゆる飴色に輝きます。磨かない場合は、少しくすんだ柔らかい感じで色が深まっていきます。)



下は、直径1尺2寸(約36cm)、二升取りの大きさで作っています。
(ジパング倶楽部にて使用。撮影:阿部了)



蓋(ふた)

フタを編むのは、とても繊細で、かつ緊張する作業です。
下のザルの内径に合わせ合わせしながら、噛み合うところをR型に編み込みます。
その後、厚みと高さを微妙に調節しながら「縁巻き」で溝を作り、
それが下本体の縁に、タッパーのように、丁度かっぷりと噛むように仕上げます。
  • 買い物籠 (買い物時などに持っていく手提げ籠。高さは7寸(約21cm)で編み、上口は約24cmx36cm。柄は三本挿して竹釘を打ち込み、上部をツヅラで括っています。中央の柄は、横にぶれないよう柄ごと一緒に縁巻きしています。一番右は、実際に手に提げてみたところ。)

下は、注文したお客さんが送ってくださった写真。青みが少し落ち始めた頃のものです。
  • いなりぐち (口の開いた卵型の「片口じょけ」のこと。水俣では、縦目に編んだ口無しの「片口じょけ」の方が一般的ですが、これは横目に編んで、受け口を作ります(黒い部分は、ツヅラです)。普通のザルとして使われる一方、穀物を移し変えるときなどに使われます。写真は一斗入りで、約46cmX57cm。)

下は、小さめの「いなりぐち」。縦の長さが、それぞれ30cmと40cm強。

下写真は、下本体の口をそれほど急角度には絞らず(上口直径約35cm)、そのまま蓋を付けたもの。
底は、竹を火であぶって直角に曲げたものをはめ込んでいます。
中に茶器類を入れると、こんな感じです。下写真は、少し大きめの直径35cm。

こした

ウナギが入る口の部分を、「こした」と呼びます。
先端部を紙のように薄く削り、ウナギがするっと入った後は、二度と外に出られないようにしています。

通常の「こした」は、下の本体に節(ふし)が引っ掛かるように、骨ヒゴ11本の皮側を内に向けて編みますが、
竹は内側に曲がろうとする性質があるので、一旦入ったウナギをより逃げにくくする為、
下写真は骨ヒゴの皮を外に向けて作っています。(本体への引っ掛かりを作るため、別途縁巻きをします)

下写真は更に念を入れて、一本一本の骨ヒゴの中央部分を鍵形に削り、鳥の羽根状に並べたもの。
一番、手間のかかった作りです。


下は、蓋を二重に編んだもの(深さ6寸と2寸)。真ん中の蓋にミミズを入れるとのことで。
肩に背負って運ぶとのことで紐は長めに。 底は、念を入れて補強の竹を更にはめ込んでます。



下写真は、注文で低めに編んだ「うなぎ籠」。下本体の高さは約一尺(約30cm)。